ぐうたらナースの不妊治療日誌

アラサー看護師が、働きながら取り組む不妊治療を面白おかしく書いてます(時々旦那も)。その後ぐうたら主婦へ。

看護師しながらの不妊治療!ブログ、始めました。&まとめ記事。

#1 アラサーです。 辛く苦しい新人看護師の修行を終え、 現在は働き盛りの中堅世代となりました。 不妊治療をしております。 働きながらの不妊治療はとてもとても大変!! それでも泣き笑いありながら 過ごす日々を、書いていきたいと思います (*^_^*) 今…

涙の心拍確認。ブログをはじめたきっかけ。

心拍確認。そして私がブログを始めたきっかけ。不妊治療の経験についてここまで書いてみて、今、素直に思うこと。

義理のお母さんへの電話、泣き笑い。そして実感。

不妊治療をはじめて何年たっただろう・・・。3年くらい?今回、顕微受精で初めて新鮮胚移植を行い、胎嚢確認まですることができました。義理のお母さんに、報告しました。

不安、不安、不安、からのやっと胎嚢確認日。

加藤レディースクリニックで初めての新鮮胚移植を行い、前回判定日に「着床している」という結果をもらいました。そこから今日まで、不安、不安の毎日でした。

KLC胚移植後12日目、判定日。

判定日を迎えました。旦那と一緒に病院へ行きました。2日前の夜、妊娠検査薬でうっすら線が見え、興奮した私。でもその後はちょっと冷静になりこの日を迎えました。結果は、信じられないものでした。

KLC胚移植後10日目、一人慌てたフライング結果。

加藤レディースクリニックで初めての移植をしてから、10日が経ちました。明後日が判定日です。相変わらずお腹に特に変わった症状はなし。また、フライングしちゃいました、結果・・・。

KLC胚移植後7日目、我慢できずのフライング結果。

加藤レディースクリニックで初めての移植をしてから、7日が経ちました。ぱったり何の症状もなし。もう、気持ちの限界がきてやってしまいました。妊娠検査薬。