ぐうたらナースの不妊治療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたらナースの不妊治療日誌

アラサー看護師が、働きながら取り組む不妊治療を面白おかしく書いていきます。(ときどき旦那も書きます。)

体外受精のDVDを見てみた時の気持ち。仕事は無理?

#46 

人工授精を5回終えて、今これからの事を考えています。一度休憩しタイミングに戻すことにしたことは#44で書かせていただきましたが、もちろんいずれステップアップすることも現実的にとらえ始めています。今の病院は、体外受精を考えている人にはそれに関したDVDをいつでも貸し出してくれます。今回思い切って見てみました。

 

「SOAP」とは看護師がカルテで使う書式の一つ

S)なんか怖い。

O)体外受精のDVDを見る。夫婦で不安な表情、気分低下あり。

A)体外受精を現実的に考えたことで不安感の増大あり。

P)引き続き情報収集していく。

S=主観(気持ち) O=客観(事実) A=アセスメント(解釈) P=計画

 

f:id:guutaranurse:20161105094008j:plain

思い切って借りてはみたものの、仕事で疲れた夜や、たまの二人の休日にそれを見る気になれず、借りたまま数週間経過。病院から返却の催促を受け(当たり前ですよね笑)、仕方なく重い気持ちを押して夫婦で見ました。

 

DVDは、その病院が独自に作成したもののよう(ちょっと安っぽい笑)。体外受精についてその適応、全体の流れ、排卵誘発の種類、採卵の方法、移植の方法、副作用、料金、成功率などが詳しく説明された30分ほどの構成になっていました。

 

私も旦那もなんとなーく自分で調べた知識はあるのでそれほど衝撃的な内容ではなかったですけど。今まではただ調べてみただけなので、これを本当に自分たちがやるのかもしれないのかと思うと、なんだか見終わったあと2人でちーん・・・(+_+)となってしまいました。

 

そして思いました。

これは働きながらじゃ無理だ、と。

 

採卵の前後は、病院に通う頻度が今までより多くなるし、来院日を指定されます。誘発をかけるなら自己注射もしなければならないし。そして「採卵」。その病院によって方法は様々なようですが、私の病院は麻酔で鎮静をかけて行います。そのため施術中は全く痛みもないようですが、術後は安静が必要なので半日は確実にかかります。

 

なんかやっぱ今までの治療とはレベルが違う感じ(*_*)

 

採卵の説明の際、アニメーションで膣内から針を刺す様子が流れました。「ごめん、まじ無理。」と目を背ける旦那。え、やるのは私なんだけどー笑。針や血が本当に苦手なんだそうです。看護師だから私はそんなの見慣れていますけど、自分がやられるのはいやっ!まあそれが本心です。

 

「体外受精」遠くにあると思ってたものが、すぐ目の前に迫っている感じです。

 

怖い・・・。正直、そう思います。