ぐうたらナースの不妊治療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたらナースの不妊治療日誌

アラサー看護師が、働きながら取り組む不妊治療を面白おかしく書いていきます。(ときどき旦那も書きます。)

初めての体外受精、採卵日決定。安堵、期待、怖さ。

#81 

初めての体外受精。誘発方法は「クロミフェン(+hMG/FSH)法」で、内服と自己注射を続けていましたが、やっと、とうとう、採卵日が決定しました。まさか自分にこんな日が来るとは・・・、病院へ初めて行ったときには、夢にも思っていませんでした。

 

「SOAP」とは看護師がカルテで使う書式の一つ

S)とうとうか・・・。

O)エコー、採決にて卵胞複数個を確認。採卵日決定。複雑な表情。

A)期待感もあれば怖さもあり。初めての経験を前に複雑な気持ちになっていると考えられる。

P)気持ちの変動に注視。

S=主観(気持ち) O=客観(事実) A=アセスメント(解釈) P=計画

 

f:id:guutaranurse:20170326122649j:plain

エコーでは左右に卵胞が全10個ほど確認でき、それぞれの大きさに程度の違いはありますが、順調に大きくなっているようです。

 

そんなにいっぺんにつくって大きくして大丈夫なんだろうか・・・(-“-)という疑問はありますが、誘発方法によっては20個近くできる人もいるとか。わたしの想像では、卵巣の中で卵胞ちゃんが「ぶどう」のようにぎゅうぎゅうになっているのではないかと・・・。笑

 

そしてこれは卵巣の腫大の影響か、お腹に投与している皮下注射の影響かは分かりませんが、ややお腹が張っている印象です。まあ、それで辛いということはないし、異常は無いようなので大丈夫ですが、ちょっと不安です。

 

エコーと採血の結果から、採卵日が決定しました。

 

不安と期待と緊張です。

 

いや、でもそれよりも、本音は、この自己注射地獄から解放されることが何よりうれしい。笑

 

当日は、たまたま旦那の仕事がお休みなので、一緒に来てくれることになりました。私の病院は、採卵時、完全に麻酔で眠ってしまうので痛みは無いとのこと。だから痛みの心配はしていません、むしろ卵管造影より気は楽かも。↓

www.guutaranurse.com

 

とりあえずここまでは順調で良かったと思っています。 

 

 ・・・でも。

 

やっぱり。

 

怖いです。

 

すごく。

 

痛みじゃなくて。

 

何か、信じがたい現実が見えてしまうかもしれないことが。

 

どうしようもない、気持ちです。