ぐうたらナースの不妊治療日誌

ぐうたらナースの不妊治療日誌

アラサー看護師が、働きながら取り組む不妊治療を面白おかしく書いてます(時々旦那も)。その後ぐうたら主婦へ。

もし、子供ができなかったら。

#71

最近、子供のいない人生を考えてしまいます。正直もともと、絶対に欲しい!と思っていたわけではありません。結婚した後の人生なんて漠然と考えていたし、なるようになると思っていました。でもその漠然とした中に、子供の存在は自然にあったと思います。でも、もしこのまま子供ができなかったら・・・。

 

「SOAP」とは看護師がカルテで使う書式の一つ

S)2人も楽しいよね。

O)子供のいない人生を想像。夫婦で笑顔あるも複雑な気持ち。

A)うまくいかない現状に、ネガティブな気持ち強い。

P)プラン継続。

S=主観(気持ち) O=客観(事実) A=アセスメント(解釈) P=計画

 

f:id:guutaranurse:20170114215226j:plain

仕事を続けて、やりたかった訪問看護師になって。

 

訪問看護の認定をとって。

 

お金をたくさん貯める。

 

車と広い家を買う。

 

ペットを飼う。(旦那は嫌がるけど笑)

 

夫婦でたくさん海外旅行。

 

英語を勉強しているから、留学や移住もいいかな。

 

やってみたいこと、たくさんあります。

 

「それもいいかもね!」って、2人で話して想像しながら笑っています。そう、笑ってしまいます。なんだか、もし子供ができないという事実を突き付けられた時のために、備えているような感じ。

 

自分で言うのもなんですが、私たち夫婦仲は良いです。だから、そんな2人の人生も私はきっと楽しいと思うんです。きっと、2人だからこそできることがたくさんあると思います。

 

でも、それでもまだ、子供のいる人生を諦めきれません。

 

なぜなんだか、自分にももうよく分かりません。