ぐうたらナースの不妊治療日誌

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐうたらナースの不妊治療日誌

アラサー看護師が、働きながら取り組む不妊治療を面白おかしく書いていきます。(ときどき旦那も書きます。)

不妊治療の第一段階、 我が家のタイミング法の流れ。

#14 

ちゃんと、タイミング法をやってみることにしました!

 

「SOAP」とは看護師がカルテで使う書式の一つ

S)医者から指定されるのってやっぱ違和感。

O)検査と同時にタイミング法開始。卵胞大きさ19㎜。医師より性交日指定。戸惑いあり。

A)タイミング法を開始し積極的な治療行為開始、経過おう。

P)プラン継続。

S=主観(気持ち) O=客観(事実) A=アセスメント(解釈) P=計画

 

 f:id:guutaranurse:20160819185330j:plain

 【タイミング法】

不妊治療の第一段階の方法で、超音波検査やホルモン検査を行いながら医師が排卵日を推測、より妊娠しやすいとされる日を指定され性行為をもつ方法。

 

そうつまり、この日にして下さいって言われます。しかも可能なら2日間連続でと言われました(+_+)うーーー、医師とはいえ他人に指定されるって何?って感覚が拭えません。もうこうなってくると恥ずかしいとかいう感覚ではなかったですが、なんだか違和感。

 

しかも、旦那さんにどう言えば自然?

自然なことではないのだからそのまま伝える?

それってそうゆう雰囲気になる?

男にとってはプレッシャーになるのか?

 

・・・皆どうしてるんだあぁ\(゜ロ\)(/ロ゜)/

  

ちなみに我が家の会話は、

「ねえねえ、もう卵胞がだいぶ大きくなってるから、明日だってっっ(*^_^*)!」

←大事な部分は言わず分かってもらおうとした。笑

 

「・・・!よーしっっ<(`^´)>。」

←理解したのか、よく分からない気合い。笑

 

でもお互い仕事で疲れきっている日なんて、なかなか言い出せないですよねたぶん。私の場合、夜勤もしているので、絶対に不可能な日がありますし。

 

うーん。続けていけるのか不安。